ラブコンカラコンでどこまで変われるんでしょう

カラコンではよく盛れるとかそういう表現をしますよね。
盛るって言葉はオシャレするときによく使うけど、カラコンの場合はとくに頻繁に出てくるように感じます。
単純に普段と違うのを付ければ盛れることになるんですが、そのバランスが非常に難しいなと感じます。
何のバランスかというと、まずは白目と黒目のバランスですね。
黄金比なんて聞いたことがありますが、そこまで細かいことは分かりません。
ただ、あまりにも黒目部分が大きすぎて、不自然だなって思う人いますよね。テレビでもたまに見るあの人とかもそうです。
ではすごく小さいカラコンならどうでしょう。diaが13.8mmとか14.0mmとかの場合です。
その場合は、自分の黒目が着色部分からはみだしてしまうこともあります。
デザインで違いを出すことが出来ても、はみだすってことはそれはかなり魅力が減ってしまいます。何よりかっこ悪いですよね。
そこで14.2mmとか14.5mmとか少し大きめのを選んだりすることもあります。
次のバランスはメイクやヘアスタイルとのことです。
恐らくカラコンを付けたいと思うオシャレさんなら、メイクにもこだわりをもっているでしょう。ばっちりメイクでないと外に行くのも嫌って知り合いもいますし、普段はほぼスッピンって友達もいます。
好き嫌いですから、どちらであっても似合うならいいでしょうけど、それにあわせたレンズを選んだほうが懸命だってことです。
ナチュラルメイクに、デカ目レンズを選んでしまうとどうなるでしょう。それこそ瞳が歩いてるって言われそう。
黒髪で落ち着いた髪形にしてるのに、緑とか青とかのカラコン付けたらちょっと怖いかも。
なので、そういうほかのパーツとのバランスも考えないといけないって思っただけです。

そしてここからラブコンカラコンのことになります。
どんなタイプのがあるかとうと大きめで派手なのも多いです。ハーフ系とかもあります。
そうなると、やっぱりドレスを着るような仕事をしてる場合も似合うのではないかな。
華やかな衣装に合わせるとどんぴしゃじゃないでしょうか。
会社でスーツを着るような女性がラブコンは合わないと思う。
海に行くとき、浴衣を着るとき、そういう特別な日にもいいのではないでしょうか。

1年使用ですから、たまにしか付けないのはもったいないかもしれないけど、ワンデーとかでそこまででかいのってあんまりないんですよね。

ラブコンカラコンの本当の肯定的な意見を吟味

ラブコンカラコンといえば、私の印象としては夜映えるカラコンという感じでしょうか。

もちろん、昼だろうと朝だろうと、盛れるのは確かでしょうけど、全体像を把握しているわけではないので、私の思考が正しいかどいうかは分かりませんが、ラブコンとよく比較されるようなカラコンとなると、やはり独特のカラバリだったり、デザインだったりするように思います。相手の話を聞かずに、耳も傾けずに、自分が良いとおもったカラコンだけをつけているのも別に悪いことではありませんが、普段からそういう態度をとっていると、もう気をかけてくれなくなりそうな気もします。